1月より放送予定である月9ドラマ『海月姫』

 

海月姫のキャストは、主人公の倉下月海役を演じる芳根京子さんのみの発表で、

まだ全員はわかっていません。

 

海月姫のキャラクターで、『蔵之介』という役があります。

 

このキャラクターは女装が趣味の美男子なんですが、

蔵之介役は誰がやるのか?と話題になっています。

 

誰がやるのかとたくさんの俳優さんの名が挙がっているのですが、

今回はその中から『岡田将生』さんにスポットを当てていきたいと思います。

 

最後まで是非ご覧下さい!

 

岡田将生プロフィール

 


生年月日1989年8月15日
出生地東京都
身長181cm
血液型AB型
事務所スターダストプロモーション

 

中学2年生の時に原宿でスカウトされる。

 

当時、バスケに夢中だったため一旦断るが、

高校進学後に事務所と連絡を取り、デビューする。

 

2006年、日本工学院専門学校のCMでデビューする。

 

また、テレビドラマBS-i『東京少女』ドラマデビューする。

 

2007年、映画『天然コケッコー』、テレビドラマ『生徒諸君!』、

『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』でメインキャストを務める。

 

2008年、テレビドラマ『フキデモノと妹』で初主演を務める。

 

2008年~2009年にかけて映画5本に出演。

『魔法遣いに大切なこと』、『重力ピエロ』、『ハルフウェイ』、

『ホノカアボーイ』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』に出演したことによって、

2009年度映画賞の新人賞を総なめにした。

 

2009年、『ホノカアボーイ』で映画初主演する。

 

また、テレビドラマ『オトメン(乙男)~夏~』で連続ドラマ初主演を果たす。

 

芸能活動と並行して都内の大学に在学していましたが、

2009年度末に大学を中途大学し、俳優業に専念する。

 

2010年、廣木雄一監督の映画『雷桜』で時代劇初出演を果たす。

 

2012年、『平清盛』で源頼朝役を演じ、NHK大河ドラマ初出演・ナレーションも担当。

 

当時22歳で源頼朝役を演じることやナレーションを担当するのは、

大河ドラマ史上最年少となりました。

 

その後は様々なドラマ・映画などで活躍されています。

スポンサードリンク

 

なぜ蔵之介役として名が挙がったのか?

岡田将生さんの女装姿を探しました。

 

 

・・・・・・・見つかりました。(わかります?これw?)

 

 

それがこちら!

引用元:シネマカフェ

 

嫌そうな顔してますね(笑)

 

これは2014年の映画『想いのこし』での一場面です。

 

岡田将生さんの役は史上最低のダメ男、頭の中は“金と女”だけで、

日々をいかに楽に過ごすかという事しか考えていない主人公・ガジロウを演じています。

 

他にもこの様な格好も!

引用元:シネマカフェ

本作で共演する広末涼子さんと、

セクシーなポールダンス姿を披露して話題となったようです!

 

顔だけ見てたら綺麗ですが、体は男ですね(笑)

 

岡田将生さんは身長が高い上に体がごついので、

男感が満載なんですよね^^;

 

女性らしさは・・・ね(笑)

 

顔は、顔は、顔は綺麗ですよ~!(嘘じゃないですよ・・・嘘じゃw)

 

これ以前だと、花君での女装姿がありましたよ!

 

やっぱり・・・ごついですよね(笑)

 

この時は、花君の男性陣が女装コンテストのために女装していますね!

 

水嶋ヒロさんも女装していますよΣ(゚Д゚)

 

お二人とも、綺麗です(笑)

スポンサードリンク

まとめ

今回は、蔵之介役として名前が挙がっている『岡田将生』さんにスポットを当てていきました。

 

今まで私が調べた名前が挙がっている俳優さんの中で、

一番男らしい女性でしたね(笑)

 

身長が高いことや体が大きいのというところで、

どうしても男らしく感じていしまいます^^;

 

イケメンだし、綺麗な顔立ちされてるんですが、

全体で見るとどうしても男感が出てしまっていると個人的には思います。

 

なので、蔵之介役として出演は・・・無いかなと思いました(笑)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!