歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、妻の小林麻央さんが書いていたブログを、

書籍として出版する考えがあると明かしました。

 

このことを受けて、ネット上では批判的な意見が多くあります。

 

そこで今回は、市川海老蔵さんが書籍化を考えた経緯とネットの口コミを調べていきます!

 

最後まで是非ご覧下さい!

 

麻央さんブログ書籍化の考えの経緯

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)が19日、都内で「初春歌舞伎公演」(来年1月3~26日、新橋演舞場)の取材会に出席。今年6月に亡くなった妻・小林麻央さんが執筆していたブログを書籍として出版する考えがあると明かした。海外からのオファーが多数届いているそうで、「そういうことをやっていかなくちゃいけないのかもしれない、という感じですね」と思いを述べた。

「初春歌舞伎公演」には、長女の麗禾ちゃんも出演する。こうした家族の話に関連して、麻央さんのブログ出版について「それも考えます」と語った。海外の大学から「永久保存させてください」というオファーがあったことや、英BBCから高い評価を受けていることなどを明かしつつ、「海外からのオファーがすごく多いので、そういうことをやっていかなくちゃいけないのかもしれないというかんじですね。放置することもできるんですが、書籍化することも一つなのかなと。具体的にやれるように動いています」と述べた。

現在、麻央さんのブログは、過去に日本語で執筆された内容を英語で再投稿する試みがなされているが、現時点では「まずは日本でそういうものをつくれるようにしたらいいということです」と出版は日本語でのものになるとした。「出したいですという人も多かった」と、当初からオファーを多く受けていたことも明かしつつ、「最初のうちはお断りしていました。そういう状況じゃございませんよと。(今は)考えるようにはしていきます」とした。

引用元:ヤフーニュース

 

スポンサードリンク

日本語での書籍化を考えていらっしゃるようですね。

 

海外からのオファーが多いにもかかわらず、

出したいですと言う人も多かったとのことでまずは日本語での書籍化。

 

理由はそれだけなのでしょうか?

 

どうしても、お金儲けという印象を受けてしまいます。

 

次に、ネット上での口コミをみていきたいと思います。

 

ネット上での口コミ

ブログをただ本にして、何が感動?
何がやっていかなくちゃ??
今更だよ。嘘や偽りは隠して。
せめて、なぜあなたが胸を切り取ってでも生きてくれ!と言わなかったのか、
それだけでも書いてくれる??

 

当初の予定通り。次はドラマ化、映画化か。金儲けはまだまだ続きます

 

海老蔵なりの事情があるのかも知れないけど、傍から見るといい気はしない。

 

本当に麻央さんのこと、子どものことを思ってのこと?
私利私欲のために出版するなら大反対。
がん患者のために印税を全額寄付するなら賛成。

 

麻央ちゃんが選んだ癌患者としての生き方だからいいんだけどね、なんで標準治療をしなかったのかとか、病院に戻って治療するまでの間どんな民間療法をしていたのかを聞いてみたかったです。

癌治療は人それぞれ年齢や生き方で考え方が違うから正解はないと思ってる。
本人と家族が満足できればそれでいいのではないかと。

 

ドン引き

スポンサードリンク

 

ほとんどの口コミは批判的なものばかりで、出版に対しての印象が最悪なようですね。

 

金儲けという印象しか受けないようですね。

 

本当のところ、海老蔵さんの真意がわからないので何とも言えませんが、

少なくとも私もあまり良い印象は持ちませんでした。

 

でも、海老蔵さんは2人のお子さんを育てなければならないので、

稼がなければならない。

 

そして、息子さんを一人前の歌舞伎役者、跡取りとしても育てなければなりません。

 

母親の役目、父親の役目、両方って正直キツイですよね^^;

 

そして、沢山の批判的な意見。

 

でも、海老蔵さんは批判的な意見があがっていても、気にしなさそうですが。

 

全ては子どもたちのため、必要としてくれている人のための出版であると信じたいですね。

 

まとめ

スポンサードリンク

今回は、市川海老蔵さんが書籍化を考えた経緯とネットの口コミを調べていきました。

 

海老蔵さんとしては  麻央さんのブログが沢山の方々に求められているので

まずは日本で出版を考えているとのことでしたが、

それが、ネット上では批判的な意見として沢山あがっていました。

 

金儲けにしか見えないという厳しい意見。

 

ですが、そんな意見があっても、海老蔵さんは気にせず我が道を行くと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!