小出恵介さん不起訴処分 大阪地検『諸事情を考慮』

大阪・ミナミで今年5月、深夜に17歳の少女をバーに連れ出したとして大阪府青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検された俳優の小出恵介さん(33)について、大阪地検は20日、不起訴処分にした。地検は処分内容を明らかにしていない。「捜査の結果、諸事情を考慮した」としている。

府警などによると、小出さんは当時、NHKドラマの収録で大阪を訪れており、少女とは初対面だったという。書類送検された際、「落ち着いた雰囲気から17歳には見えなかった」と容疑を否認していた。

写真週刊誌「フライデー」が6月、小出さんが宿泊先のホテルで少女と性的行為をしたなどと報じ、所属事務所のアミューズは無期限の活動停止にした。

引用元:ヤフーニュース

スポンサードリンク

相手女性との間ではすでに示談が成立されているんですよね。

 

ですが、大阪府警少年課は深夜に少女を連れ回したということで、

府青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検されています。

 

芸能界への復帰のタイミングはいつ?

不起訴処分となったことで気になるのが、芸能界への復帰のタイミングですよね。

 

過去に不祥事を起こした芸能人は、どのくらいで復帰をしていったのでしょうか。

 

そこから小出恵介さんの復帰のタイミングを考察していきます。

スポンサードリンク

 

不祥事を起こした芸能人の復帰時期について

昨年末にひき逃げ事件を起こし、今年の3月末に謹慎から復帰したのがNON STYLEの井上裕介さん。

これに対してアンタッチャブルの柴田英嗣さんがあるバラエティ番組で

「自分は1年休んでます。3ヶ月は早い!」と指摘していたようですね。

 

10年越しの復帰を果たした極楽とんぼの山本圭壱さんが

AbemaTV「フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと」で、

「8年はいかないと!8年目で考えて、9年目で1人で舞台。10年目でコンビ」

と自身の経験を重ねて冗談交じりに忠告していたようです。

不祥事の大小、刑事事件、民事事件、いろいろ状況により変化しますが、

どれぐらい謹慎すれば世間は許してくれるのでしょう?

 

長く謹慎するデメリットは他にもあって、

相手方がある揉め事は、真相は当事者同士にしかわからず、

当事者も口を開かないケースがほとんどのようです。

 

そうなると、本当だか嘘だかよくわからない噂が出てきてしまうということ。

 

『相手は地元では有名な女性で、訴えたのはその元彼でヤクザらしい。で、1000万円払って示談にしたらしい』

 

ここまでくるとどれが本当かなんてわかりませんし、真剣に考えることはない。

 

芸能ネタなんて、ただの話のネタなので本気で議論する人なんて少ないですよね。

 

あの芸能人が本当に悪い人間なのか、騙されただけなのか、

運が悪かっただけなのかなんて深く考えないですよね。

 

だから、適当な噂でもそうなのかなと思ってしまうということなんでしょう!

スポンサードリンク

小出恵介さんの復帰時期は?

結果として、謹慎はあまり長くない方がベストと考えてしまいました。

 

謹慎するくらいなら、可能な限りメディア露出して真相を語って謝りまくる。

 

出ない時期が長ければ長いだけ復帰のタイミングが難しくなりますよね・・・

 

やはり芸能人の復帰は難しいです・・・