ゲームに30万円、親に怒られる…巡査4日失踪

 

長崎県警の男性巡査(20歳代)が今年2月、スマートフォン向けゲームに約30万円を使ったことを親に怒られるのが嫌で4日間失踪し、県警が巡査を本部長訓戒処分にしていたことがわかった。

処分は11月24日付。

県警監察課によると、巡査は県中央部の警察署に所属。2月2日の勤務中、ゲームで使った約30万円について、クレジットカード会社から支払いを求める督促状が届いたと、実家の母親から連絡を受けた。これ以前にも十数万円を使い、親との間で「ゲームをやめる」と約束していたという。同日は早退し、自宅に「捜さないでください」との書き置きを残して、失踪した。

書き置きに気付いた両親が、巡査が勤務する警察署に行方不明届を提出。山口県警が同月5日に、同県下関市内を車で走行中の巡査を見つけた。巡査は長崎県警に、「怒られるのが嫌で、お金が尽きるまで逃げようと思っていた」と話しているという。

引用元:ヤフーニュース

 

スポンサードリンク

ネット上のコメント!

「情けない…こんな人に治安は守れないでしょ。何かあったら一目散に逃げそう。」

 

「大人になっても子供のままだな。親も放っておけば良いと思うし。」

 

「ゲーム楽しいけどレアアイテム欲しいけどお金は大事だよ」

「ある社会人がゲームで凄い支払いが来て家族に泣きついた・・・という話を聞いた時には、
(そこまでの金額になるまでにどうしてやめなかった)
と思い、そんな社会人はその人だけだろうと思っていた。
・・・もしかして、けっこう多いのだろうか。
今、出会い系だの何だので、子供にスマホを持たすべきではないという意見がちらほら出ているが、時には大人にも持たすべきではないのかもしれない。」

 

「ネタかと思った(笑)ちょ笑い止まらない面白すぎ(笑)」

 

「署の金を使い込んだんじゃないんだから犯罪ではないでしょ。親子間の約束事は仕事から帰宅してからすれば良いことなのに勤務先に連絡してくる親も問題だな。親に借金してたなら給与やボーナスで返済すれば済むことなのに家出までするなんて・・・こちかめ漫画みたいで苦笑」